リー ブログ。 ◆年末年始営業日ご案内◆:2020年12月2日|グレイリー(Grailey)のブログ|ホットペッパービューティー

IaCを意識したCLI開発のエッセンス

ブログ リー

✊ そして、p値は「帰無仮説を仮定した時に、今手元にあるデータよりも極端な値が得られる確率」と定義されます。 なぜeskeeperを作るに至ったか 本題に入る前に、IaCを意識したCLI開発の具体例として、僕が作った eskeeperというOSSが出来た経緯を詳しく紹介します。

10
現在、積極的に検索改善しているので、Indexの変更が頻繁に発生していました。 下記のように定義ファイルでElasticsearchの状態を宣言できます。

◆年末年始営業日ご案内◆:2020年12月2日|グレイリー(Grailey)のブログ|ホットペッパービューティー

ブログ リー

😇 このとき、アイテムの真のCTRは であり、独立な 個の観測値から推定されるCTRは と表現できます。 この本の「第3章 インフラストラクチャ定義ツール」という章にIaCを実現するための技術選定について書かれています。

7
この経験から「定義ファイルで〇〇を宣言的に管理する系のツール」を作る時のちょっとしたコツを紹介します。 yaml 標準入力にするメリットは yamlを出力するツールと一緒に使いやすくするためです。

◆年末年始営業日ご案内◆:2020年12月2日|グレイリー(Grailey)のブログ|ホットペッパービューティー

ブログ リー

🤟 エムスリーの検索基盤では Elasticsearchを利用しています。 の分布をp値の分布に変換する際に、「プログラミングのための確率統計(平岡 和幸 著・堀 玄 著)」の4章「連続値の確率分布」を参考にしました。 なぜなら、「まだ若いから」「まだ経験が浅いから」などの理由で意見が通らないことが起きにくいからです。

本では高い信頼性で無人実行を行うための要素を5つ挙げています。 また、定義ファイルと状態を同期させる系のツールでは、同期の途中でエラーになってしまい、 定義ファイルと実体に管理が生じる可能性があるので、失敗のほとんどを手前で検知する必要があります。

p値と仲良くなる

ブログ リー

⚛ import scipy. リンクは下記です。

ここからは eskeeperでも参考にした要件をピックアップしてご紹介します。

p値と仲良くなる

ブログ リー

📱 事後チェック• ここで参考にしたのはかの有名なオライリー・ジャパンの「Infrastructure as Code」という本です。 cat sample. p値は意思決定のための定量的で明確な基準を与えてくれるためとても便利ですが、盲目的に数字だけを追いかけると誤った意思決定に繋がる可能性があります。 json status : close alias : - name : alias1 index : - test-v1 永続レイヤーなので操作は現在 write only に絞っています。

一緒にデータに基づいた意思決定で事業を推進していきましょう! : 参考文献の章で何冊か紹介しています。

IaCを意識したCLI開発のエッセンス

ブログ リー

🐲 そこでこれらの管理上の問題を解決するために作ったのが eskeeperです。

エムスリーでは、主に施策の継続判断などを行う際に、統計的仮説検定などを利用してデータに基づいた総合的な判断をしています。 この記事でやりたいこと 統計的仮説検定において、検定対象の真のパラメータが• 05付近になってしまうことはほぼありえないということがわかります。

IaCを意識したCLI開発のエッセンス

ブログ リー

☺ 運用がかなりシンプルになったはず。

また、定義ファイルとして既存のテキストフォーマットをサポートすればあらゆる既成ツール jqや yqなど で読み書きできるメリットも享受できます。