オフィス ステーション。 オフィスステーションの機能を徹底解剖!|e

オフィスステーションの料金·評判·機能について。30日間無料お試しができる?

ステーション オフィス

🐝 社労士事務所と顧問先、両方の業務効率化を意識している 「オフィスステーション」は、社労士事務所と顧問先との関係を理解した上で、双方の業務効率化を支援している点も見逃せません。

4
雇用契約書・労働条件通知書の自動更新・管理 「オフィスステーション」のメリットとして挙げられるのが、雇用契約書・労働条件通知書をシステム上で管理・更新していける点です。 オフィスステーション労務とは?その特徴3つ まず、オフィスステーション労務の特徴からみて行きましょう。

オフィスステーションに連携するデータの確認| 弥生給与 サポート情報

ステーション オフィス

🍀 「オフィスステーション 労務」「オフィスステーション 年末調整」「オフィスステーション 給与明細」「オフィスステーション 有休管理」等で構成され、必要な機能・使いたい機能だけを選んで低価格で導入できるという特長を持ちます。 実際に雇用保険の資格喪失届や離職証明書などの電子申請を行ったところ、いままでよりも大幅に時間が短縮。

3
もちろん、良い点はたくさんあります。 電子申請後の進捗も管理画面で一覧でき、完了したものやエラーが発生したものを選別するためのチェック機能も備わっています。

ついに始まる「健保組合」の電子申請!電子申請義務化対応で知っておきたい4つの話

ステーション オフィス

🤪 例えば、ラクラク分析レポートを利用して、従業員の平均年齢や平均勤続年数などを分析してレポート化すれば、自社の分析に役立ちます。 労務環境については、社労士側、企業側だけの対応をすればいいというのではなく、両方にとってメリットのある形を提示していく必要があります。

オフィスステーション労務ライト• 「オフィスステーション労務」を利用した感想として管理本部管理課、役所に行かなくてよくなったことを第一に挙げています。 中小企業では、雇用契約書・労働条件通知書をWordやExcelで作っているところが多いと思われますが、特に契約期間の定めがある場合は、更新管理が煩雑になっていることがあります。

株式会社エフアンドエム

ステーション オフィス

☘ 法改正対応の自動更新• 従業員数 年間利用料 従業員1人あたり月額 100人 40,333円 403円 さらに初期費用・保守費用は全くかかりません。 徹底した業務効率化を追求 これまで、バックオフィス向けのバックアップサービス・ソリューションを提供してきた同社。 オフィスステーションでは、社会保険労務士の声を参考に必要な機能・不要な機能を精査することによって、一般企業と社会保険労務士、それぞれに向けたシステムを開発。

18
(要約) HRtech業界でいいニュース👍 ウチでも使わせていただいているオフィスステーション。

労務手続きシステムにオフィスステーションを選んだ理由

ステーション オフィス

👍 資格者も在籍しているため、問題が起きても安心です。

全てのシステムをオールインワンで使うことはもちろん、必要な機能だけを導入することもできるので企業のニーズに合わせて運用することが可能です。

アラカルト型人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」が健康保険組合への電子申請に対応:時事ドットコム

ステーション オフィス

🤗 データが変更された場合は、自動更新できるので、負担が大幅に減らせます。 これは他社サービスと比較しても圧倒的で、帳票数が多いサービスでも70程度である場合が多いのでオフィスステーションが以下に幅広い種類の帳票に対応できるかがわかります。

オフィスステーション年末調整• [株式会社エフアンドエム] 株式会社エフアンドエム(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:森中一郎)は、アラカルト型人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」が健康保険組合への電子申請対応を開始したことをお知らせいたします。 ライトプラン:登録料50,000円、使用料月額6,000円 顧問先登録枠は20までとなっており、開業まもない事務所に最適なプラン• マイナンバーにも完全対応 オフィスステーションシリーズは、マイナンバー管理システムにも対応。

オフィスステーション 労務ライト

ステーション オフィス

👎 年末調整機能だけを利用する場合は従業員10人までの場合で月額833円 税抜 になり、従業員数が増えるごとに料金があがります。

20
アカウント登録後、すぐに利用できる• サポートデスク担当者には社会保険労務士の資格保有者や実務経験者が在籍しているので実際にカスタマー目線にたったサポートを提供することが可能です。 2020年4月からの労務手続きの電子申請義務化やe-Govによる電子申請・APIに対応しており、最新の動きに合わせた業務推進が可能です。