是非 に 及ば ず。 信長が本能寺で「是非に及ばず」と言いましたが本能寺で殺された...

「是非」の意味と例文・使い方・類語|是非に及ばず/是非もない

ず 是非 に 及ば

☘ 「no choice」は思いもよらぬアクシデントやトラブルがあった時など、あらゆる状況において「どうしようもない」「手立てがない」という意味で使われます。

史実に残っているわけではないので、あくまで憶測の域を脱しません。 敗北宣言など「是非に及ばず」と頑張っているトランプである。

「是非に及ばず」とは?意味や使い方!例文や解釈

ず 是非 に 及ば

❤️ 物語性を重視していて、歴史の史料としての評価は芳しくないですが、「当時の女性に読んでもらうための物語」として評価されています。 それぞれ見ていきましょう! 仕方がない もっとも一般的なのが、仕方がない・やむを得ないといった解釈ではないでしょうか。

9
』 『是非に及ばず』とはどんな意味? 真書太閤記 本能寺焼討之図 ではでは、この『是非に及ばず』という言葉! 信長は、一体どんな意味で使ったのでしょうか? 一般的に、2つの解釈がある!なんて言われています。

織田信長の生涯と最期の言葉。「是非に及ばず」とは?

ず 是非 に 及ば

☺ 1 是と非。 ビジネスでの「是非もなし」は「仕方がない」「意味がない」 ビジネスで「是非もなし」と使われる場合は、「 仕方がない」「 意味がない」といった意味で使用されることが多いです。

16
しかし、織田信長の発言後の明智軍への抵抗をみると、「是非もなし(仕方ない、諦めよう)」ではなく、「是非にも及ばない(仕方ない、戦うしかない)」という意味だったのかもしれません。

「是非もなし」の意味と使い方とは?信長の心情についても解説

ず 是非 に 及ば

⚒ 「是非に及ばず」の真意は、「是非もない」の意味にもあるように 「当否や善悪の判断をするに至らない」ではないかというものです。

19
こちらも 「是非に及ばず」の解釈の1つに近い意味で使うことができます。

「是非に及ばず」とは?意味や使い方!例文や解釈

ず 是非 に 及ば

😊 遅刻しちゃった」 「是非に及ばず!」 「借りてた金、今月返せないや」 「是非に及ばず」. 本能寺の変で織田信長の言ったとされるのが「是非もなし」「是非に及ばず」です。

12
これは「町内の付き合いで葬式に出なきゃいけないのは、是非もなし(仕方がない)」という意味です。 直江状の「是非にも及ばず」 「是非に及ばず」は、上杉景勝が徳川家康に謀反を疑われ、景勝の家臣である直江兼続が徳川家康に返信した、長文の嫌味として知られる、直江状にも使われています。

「是非」の正しい意味と使い方を例文付きで解説

ず 是非 に 及ば

☘ 突然の臣下の裏切りで絶体絶命の状況という大混乱の中、信長が放ったこの一言はあまりにも有名です。

16
例文を見ていきましょう。 退散を余儀なくされた。